脱毛ラボの悪い口コミは本当なのか?予約や脱毛効果を徹底検証

脱毛ラボの悪い口コミは本当?!予約や脱毛効果を徹底検証体験レビュー

未分類

脱毛ラボに未成年者が通う場合の注意点

投稿日:

 

脱毛ラボでは、未成年者でも生理が安定していきている場合に脱毛することが可能です。ここでは、そんな未成年者の人が脱毛ラボに通う場合の注意点についていくつか紹介していきます。

 

■「未成年者の契約手続きについて」

まず、未成年者が脱毛ラボで契約手続をする場合には、保護者に付き添ってもらうか、親権者同意書という書類に保護者の人のサインをもらいお店に提出する必要があります。(親権者同意書はWEB上でダウンロードすることも可能です)

 

また、契約には印鑑や銀行通帳(口座番号が分るもの)が必要になるので忘れず持っていきましょう。さらに脱毛ラボでは、学割制度があり契約するプランによっては10%オフになるので学生証や通学証明者も持参すると良いでしょう。

 

■「未成年者の脱毛施術について」

脱毛ラボでは、未成年者でも生理が安定してきていれば脱毛することが可能ですが、下記のようなときは脱毛を控えるようにしましょう。

(1)生理が安定しないとき

未成年の人は、まだホルモンバランスがきちんと安定しないので生理が順調にこないことがあります。ホルモンバランスが乱れているときに脱毛すると、肌トラブルにつながるだけではなく、脱毛効果も下がるので、生理が安定しないときの脱毛は止めましょう。また、脱毛ラボではもし施術当日に生理になってしまったときは、VIOとヒップは脱毛できなくなってしまうので注意してくださいね。

 

 

(2)肌が荒れているとき

未成年のときは、ホルモンバランスが乱れニキビなどの肌荒れを起こしやすくなります。
肌荒れを起こしている状態で、強い光をあててしまうとお肌の状態がさらに悪化してしまう可能性があるので、そのようなときは脱毛を控えましょう。

 

 

(3)体調が優れないとき

未成年の人に限ったことではありませんが、体調が悪いのに無理して脱毛を受けると施術中に体調が悪化してしまう可能性があり危険です。脱毛時は少なからず身体には負担がかかるので、施術を受けるときは体調を万全にしていきましょう。

 

■「未成年者の肌トラブルについて」

未成年の人が脱毛を受けるとどのような肌トラブルを起こす可能性があるのか3つ紹介していきます。

(1)火傷・赤み・腫れ

未成年の人はまだお肌が敏感な時期なので、光の出力が強かったときやお肌の調子がよくないときに脱毛すると火傷や赤みにつながる可能性があるので、肌荒れしているときは脱毛を控えましょう。また、光の出力が強く痛みなどが出た場合はすぐにスタッフに伝えるようにしてください。

 

(2)毛嚢炎

脱毛したときに毛包を痛めてしまうとそこから細菌が入り炎症を起こしてしまうのを毛嚢炎といいます。軽傷であれば時間が経つと自然治癒しますが、重症になると化膿してしまい皮膚科などで切開することもあります。

 

(3)乾燥

脱毛は強い光をお肌にあてていくので、施術後は皮膚に熱がこもり水分を奪われてしまい乾燥します。脱毛後は美容液などをお肌に塗って保湿するようにしてください。

 

このように、脱毛ラボでは未成年者でも脱毛することが可能ですがいくつか注意する点もあるのでよく頭に入れておいてください。

-未分類

Copyright© 脱毛ラボの悪い口コミは本当?!予約や脱毛効果を徹底検証体験レビュー , 2018 All Rights Reserved.